2分岐ケーブルで複数のOBD2機器が動作するか検証

コペンのOBD2を2分岐ケーブルで増設して、2つの機器が正常に動作するかやってみました!

 

使用した分岐ケーブル

 

使用したOBD2機器

分岐ケーブルはAmazonにて¥1,098の商品を使用。

オートドアロックもAmazonにて¥2,980で購入した物です。




OBD2コネクタに分岐ケーブルを差し込む

コペンはハンドル下、左側にOBD2コネクタがあるので、分岐ケーブルをカプラーオン!

これで使用できる機器が2つになりました。

 

2つのOBD2機器を差し込む

次にブースト計とオートドアロックを繋げます。

あとはエンジンをかけて、正常に動作するか確認します!

差し込むだけで済むので、非常に簡単です☆

結果

まずエンジンをかけたら、PIVOTのメーターが動きだしました!
(こいつ、動くぞ! ←アムロ)

 

オートドアロックは15km/h以上で自動ロックするので、そのまま発進です!

アクセルを踏んでいき、緊張の瞬間でした。

 

15km/h以上スピードを出した辺りで「バチャッ!」っとロックされました!!

軽のドアロックする音って、かなり大きいです💦

 

そして停車してシフトをパーキングに戻すと、自動でロック解除されました!

最初は感動的でした(笑)

 

今回試した組み合わせでは、2つの機器とも正常に動作しました!(良かった✨)

 

※OBD2の規格上双方向通信をするタイプの機器を2つ同時に使用することはできません。
※機器の組み合わせによっては使用できない場合があります。

⚠商品の説明書き等にもありますが、必ずしも正常に動作するとは限りません。