コペンのインナーハンドルをメッキタイプに交換してみた

コペン(LA400K)のインナードアハンドルをライツ(REIZ)製のメッキタイプに交換してみました!

このインナーハンドルは純正品メッキタイプではなく、社外品のメッキタイプになります。

 

インナーハンドルごと交換する純正交換式なので、純正品と同等な装着感が特徴です。

キラキラです✨

かなり高級感が増します!

純正品との比較

画像上が純正品で下がライツ製になります。

ダイハツ純正のメッキタイプとの違いは、ロック部分までフルメッキになっているところです!

材質にはABS樹脂素材を使用していて、純正品と同等の強度なので耐久性も安心です。

 

もちろん「運転席・助手席」の2個セットになります。

カラーは「クロームメッキ」と「カーボン調」の2タイプ有り。



交換方法(LA400K)

簡単に交換方法を載せておきます。

上画像は、ドアのパネルを取り外したところです。

 

純正のドアハンドルを外したところです。

引っかかってあるだけなので、簡単に外せますよ!

 

最後にライツのドアハンドルを取り付けて元に戻して完成です!

ライツからはコペンL880K用も発売されています。