-初代・L880K型-

販売期間 2002年-2012年
乗車定員 2人
ボディータイプ 2ドア・オープン
エンジン JB-DET型 659cc 直列4気筒 DOHCツインスクロールターボ
最高出力 47kw(64PS)/6,000rpm
最大トルク 110N・m(11.2kg-m)/3,200rpm
  • 1999年:東京モーターショーに出展。
    この時の名称は「KOPEN」。由来は「軽OPEN=KOPEN」である。
    その後、軽のKをコンパクトのCに変更し、Copenとなる。
  • 2002年:発売開始。
    型式LA-L880K。
  • 2003年:特別仕様車を発売。
    ファーストアニバーサリーエディション発売。
  • 2004年:型式変更。
    排ガス規制の変更により、型式ABA-L880Kとなる。
    また同年に特別仕様車、セカンドアニバーサリーエディション発売。
  • 2005年:リコール。
    2月2日-原動機における不具合
  • 2006年:特別仕様車を発売。
    アルティメットエディション発売。
  • 2007年:特別仕様車を発売。
    アルティメットエディションIIメモリアル発売。
  • 2009年:特別仕様車を発売。
    アルティメットレザーエディション発売。
  • 2010年:特別仕様車を発売。
    アルティメットエディションS発売。(シートヒーター等が標準装備となる)
  • 2012年:生産終了・特別仕様車を発売。
    10thアニバーサリーエディション発売。
    2012年8月末、生産・販売を終了。(歩行者保護の車両規定法規変更のため)
    総生産台数は約6.6万台。
☑こちらの記事も合わせてどうぞ!

女性に人気!ダイハツ初代コペンL880Kの特徴や機能を解説!

-2代目・LA400K型-


Robe/Xplay/Cero
DBA-LA400K 5MTtype:#KMPZ
CVTtype:#KBPZ
サイズ 全長:3,395㎜
全幅:1,475㎜
全高:1,280㎜
ホイールベース 2,230㎜
トレッド 前:1,310㎜
後:1,295㎜
最高地上高 110㎜
乗車定員 2名
車両重量 5MT:850㎏
CVT:870㎏
エンジン KF型水冷3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ
ボア×ストローク 63.0㎜×70.4㎜
排気量:658cc
圧縮比:9.5
最大出力 47kW(64ps)/6,400rpm
最大トルク 92N・m(9.4kg-m)/3,200rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
駆動方式 フロントホイールドライブ
クラッチ方式 5MT:乾式単板ダイヤフラム
CVT:3要素1段2相形ロックアップ機構付
ステアリング形式 ラック&ピニオン
ブレーキ形式 前:ベンチレーテッドディスク
後:リーディング・トレーディング
パーキングブレーキ 機械式後2輪制動
前サスペンション形式 マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後サスペンション形式 トーションビーム式コイルスプリング
ブレーキ形式 前:ベンチレーテッドディスク
後:リーディング・トレーディング
タイヤサイズ 165-50R16 75V
発売年月
  • 2014年06月19日【COPEN Robe】
  • 2014年11月19日【COPEN XPLAY】
  • 2014年12月24日【COPEN Robe S】
  • 2015年06月18日【COPEN XPLAY S】
  • 2015年06月18日【COPEN Cero】
  • 2015年12月24日【COPEN Cero S】
  • 2019年××月××日【COPEN COUPE】
  • 2019年10月15日【COPEN GR SPORT】
  • 2010年:新型コペン開発プロジェクト発足。
    2010年1月、初代コペンが生産終了する2012年8月を見据えて発足。
    当初は開発中の直列2気筒エンジンを搭載する構想があった。
  • 2013年:東京モーターショーに出展。
    この時の名称はL880Kと同じく「KOPEN」。
    発売時には「COPEN」となる。
    L880KのCはコンパクトであるが、LA400KのCはコミュニティ。
  • 2014年:LA400K・発売開始。
    6月-Robe(ローブ)が発売。
    11月-XPLAY(エクスプレイ)が発売。
    12月-Robe(ローブ)の上級グレード、Robe S(ローブS)が発売。
    また2014年グッドデザイン賞を受賞する。
  • 2015年:販売台数1万台を突破。
    1月-東京オートサロンにDress-Formationモデル「COPEN 400 TDC」を出展。
    6月-Cero(セロ)が発売。XPLAY S(エクスプレイS)が発売。
    10月-Dress-Formationのサービスが開始。
    12月Ceroの上級グレードCero S(セロS)が発売。
  • 2016年:東京オートサロンに出展。
    1月:東京オートサロンに
    「コペン セロ クーペ コンセプト」
    「コペン ローブ シューティングブレーク コンセプト」
    「コペン アドベンチャー」を出展。
    4月:「カラーフォーメーションA」をメーカーオプションで設定。
    11月:エクスプレイ用ドレスパーツ「COPEN ADVENTURE(コペン アドベンチャー)」発売。(25万円)
  • 2017年:リコール。
    4月:ハイマウントストップランプの不具合
  • 2018年:コペンクーペの発売発表
    12月:東京オートサロン2016に出展したセロをベースとしたコンセプトカーの実車モデル「クーペ」の200台限定販売を発表。
  • 2019年:クーペ/GR SPORT・発売開始
    1月:クーペ商談権申込受付開始。東京オートサロンに「クーペ/GR SPORT」を実車展示。
    2月:クーペ応募受付終了。大阪オートメッセに実車展示。
    4月:クーペの生産・納車開始。
    10月:第4モデル・コペンGR SPORTがダイハツ・トヨタ自動車から発売。
☑こちらの記事も合わせてどうぞ!

専門家から高評価!ダイハツ新型コペンLA400Kの機能や特徴を解説!