ホンダ N-BOXが2年連続首位

2019年4月4日「日本自動車販売協会連合会」と「全国軽自動車協会連合会」から、2018年度(2018年4月~2019年3月)の新車販売台数が発表されました。

結果は、、

ホンダの「N-BOX」が2年連続の首位となりました。
(※前年度比7.3%増の23万9706台)

スズキの「スペーシア」で15万8397台で2位。

ダイハツの「タント」が14万2550台で3位となりました。



軽自動車がトップ5を占める

続き、日産の「デイズ」が4位、ダイハツの「ムーヴ」が5位となり、軽自動車が上位トップ5を占める結果となりました。

まだまだ軽自動車が強いようですね!

ちなみに普通自動車では、日産の「ノート」の6位が最高順位で、トヨタの「プリウス」は前年度2位から8位に順位を落としています。

アクアは7位と前年度と順位は変わらずですが、販売台数は5年連続減となっています。

前年から最も順位を上げたのは、前年度9位から「39.3%増(3年連続増)」で2位となったスズキの「スペーシア」が一気にランクアップしています。

なお、トップ10は以下の通りです。
トップ10全体で見ても7車種が軽自動車で、普通車はノート・アクア・プリウスの3車種のみ。

2018年度新車販売台数ランキングトップ10

順位 前年 車種 メーカー 台数 前年比
1位 1位 N-BOX ホンダ 23万9,706台 7.3%増・3年連続増
2位 9位 スペーシア スズキ 15万8,397台 39.3%増・3年連続増
3位 5位 タント ダイハツ 14万2,550台 5.9%増・4年ぶり増
4位 4位 デイズ 日産 14万0,053台 2.6%増・2年連続増
5位 3位 ムーブ ダイハツ 13万2,320台 9.1%減・3年ぶり減
6位 6位 ノート 日産 13万1,760台 0.5%増・3年連続増
7位 7位 アクア トヨタ 12万7,899台 0.8%減・5年連続減
8位 2位 プリウス トヨタ 11万5,123台 22.8%減・2年連続減
9位 10位 ミラ ダイハツ 11万1,757台 7.2%増・2年連続増
10位 8位 ワゴンR スズキ 10万2,553台 15.4%減・2年ぶり減

N-BOXが断トツの1位となりましたが、ホンダがランクインしたのは1車種のみでしたね、

トップ10ではダイハツが3車種、トヨタ・スズキ・日産がそれぞれ2車種づつランクインしています。

マツダは軽自動車の生産部門から撤退しており、スズキからのOEM供給のみの為トップ10入りならずでした。

コペンは年間3,000台ほどだと思うので、、
当然ランク外ですね(笑)