【本革シートベルトカバー】でドレスアップ!傷・異音防止効果も

942view

2020.05.24

Jusby製「本革シートベルトカバー」

Jusby(ジャスビー)から発売された、コペンLA400K用(トヨタ/ダイハツコペンGRも適合)の『本革シートベルトカバー』を装着してみました。

こちらを装着すれば、プラスチックのシートベルトのカバーを”本革にドレスアップ”する事が出来ます☆

手触りや質感向上のほか、パネルの傷つけ防止や異音防止にもなるアイテムです!



取り付け方法は2種類

この商品の特徴の1つが、取り付け方法が『2種類』あることです。

  1. 両面テープで取り付け
  2. 手縫いで取り付け

1番の両面テープでの取り付けは、付属の両面テープで固定する方法で、とても簡単に取り付けが出来ます。

そして2番の手縫いは付属のクロスステッチで縫い上げを行う方法です。「見た目・強度」を重視するなら縫い上げでの取り付けをメーカーでも推奨しています。

画像左が付属の糸で、ステッチカラーと同じブルーです。

右側が両面テープ。

両面テープで取り付け

今回は簡単な両面テープで装着することにしました。(理由は面倒だから笑)

上の画像が装着前のノーマルの状態ですね。

両面テープを貼るのはシートベルトの、この部分です。



まず、貼り付け部の『脱脂』を行ってから、両面テープが「表・裏」で均等になるように貼り付けます。

両面テープを貼り付けたら、次にシートベルトカバーを装着させます。

イメージ的には下からズボンを履かせるよな感じですね。

※この時点では両面テープの剥離紙は、まだ剥がしません。

シートベルトカバーを完全に装着出来ました。

この状態で両面テープの剥離紙を剥がして、カバーの切り込み部が綺麗に重なるようにします。

(※なお、手縫いの場合だと、この部分を縫います)

運転席側・助手席側を取り付けて完成です。

両面テープだと本当に簡単でした☆

本革ですから見た目も良くなりましたね!

なお、ステッチカラーはブルー以外に『レッド・ブラック』の全3色が用意されていますので、内装に合わせてお好みのカラーを選択出来ます☆

最後に、シートベルトを締めた状態だと、このような感じで見えますよ!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!