ヘッドライトは徐々に黄ばんでいくもの!

車のヘッドライトの「黄ばみ・曇り」を気にしたことはあるでしょうか?

ヘッドライトは「ポリカーボネート」という樹脂でできているのですが、このポリカーボネートは「太陽の紫外線」や「経年劣化」によって白く曇ってきたり、黄ばんでいく性質があります。

これは使用されている素材(ポリカーボネート)の特性上、防ぎようがありません

駐車場に停めてある愛車のヘッドライトを少し気にして見てみましょう!
買った頃とはクリアさが変わっていることに気がつくはずです。


黄ばんでいると車検に通らない!?

あまり認知されていないかもしれませんが、実はヘッドライトが黄ばんでいると「車検に通らない」こともあるのです!

2016年9月に、ヘッドライトの車検基準が変更になり、曇っていたり、黄ばんでいるヘッドライトでは車検に通らなくなりました。

車検の項目の一つ、ヘッドライトの「光量不足」に引っかかってしまうためです。

黄ばみがもたらすマイナス要素

ヘッドライトの汚れていると以下のようなことに…

  • せっかく良い車でも見た目が残念なことに。
  • 光量が足りずに車検に通らない。
  • 光量不足で夜間にヘッドライトを点灯しても暗い。
  • 車を売却する時に査定額が下がってしまう。

など、ヘッドライトの黄ばみは「マイナス」な要素しかありません!
(※ヘッドライトの黄ばみは洗車程度では落ちません

また、車を乗り替える際の下取りの査定も下がってしまうこともあるので勿体ないですね!

汚れたヘッドライトはどうすればよいのか?

1.自分で研磨する

では、ヘッドライトが黄ばんできたら具体的にどうすれば良いのかですが、まず市販されているキットを購入してまず自分で磨いてみるのもいいでしょう。

ですが、仕上がりには「個人差」がでますし、研磨作業ですから素人レベルでは綺麗に施工できず、イマイチの仕上がりになってしまう恐れがあります。また、市販のキットは約3,000円程かかってしまいます。

更に、中途半端な研磨とコーティングでは、またすぐに黄ばんできてやり直しと「無限ループ」になる可能性もあります。

2.ヘッドライトごと新品に交換する

一番綺麗になるのは、間違いなくヘッドライトを新品に交換してしまう事でしょう。

ですが、ヘッドライトを新品に交換する場合、当然車種にもよって価格は違いますが、両方で「3万円〜20万円」と、かなりの出費となってしまいます!

また、古い車など「車種年式」によっては既に「廃番」になっていて手に入らない可能性もあります。

3.業者に頼んでみる

自分で手をかけずに、確実に綺麗にするならやはり業者に頼むのがベストな選択です。
結局これが一番手っ取り早くて確実です(笑)

業者と言っても沢山ありますし、車を持ち込むのが面倒でもありますよね?

そこでオススメなのが「リベンライズ」のサービスです。

リベンライズは出張サービス!

一般的に業者に施工してもらい場合、車を持ち込むのが通常なのですが「リベンライズ」では、何と自宅まで来てくれるのです!

面倒な手間をかけずに家で待っているだけなので、面倒くさがりやな方にはもってこいのサービスです。更に、リベンライズはヘッドクリーニングを「専門としているので、仕上がりはお墨付きです!

専門スタッフによるカウンセリングに、丁寧な研磨作業とポリマー加工。
作業時間は僅か「1時間程度」で、確かな効果を実感できます!

↑リベンライズのヘッドライトクリーニング施工動画です。
(※実際の施行ではヘッドライトは車から外さずに行います)

サービスの詳細

  • 関東1円出張(東京・埼玉・神奈川・千葉)
  • エリア外でも相談可能
  • 料金は両目で10,000円(片目のみだと7,500円)
  • キャンペーンで2,000円割引など有

愛車を綺麗に乗りたい方、仕事で車を使用している方、車検が近い方、車を下取りに出そうと思っている方など、検討してみてはいかかでしょうか?

現在2,000円割引のキャンペーン中なので、下のバナーから予約すると「10,000円→8,000円」と、お得に施工出来ます。
キャンペーンが終わってしまう前に予約しちゃいましょう!