ローン残高が残っていても中古車は売れる!?

車検証の名義が本人であれば中古車は売れる

車を売りたい、でも支払い中のローンがまだ残っている…そんな方に朗報です。
支払い中のローンが残っていても車買取してもらうことは可能です。

支払い中のローンがある場合、まだ車の所有権が自分にない…
そう思うかもしれませんが、所有している車の車検証の名義が本人であれば、ローンを完済していなくても車を売ることができるのです。

ローンが残っている方でも、車を売りたいと考えている方はまずご自身の車の車検証を確認してみましょう。

また車検証の名義がご家族の方の場合でも、その方の同意を得て、ご本人以外が手続きを行う場合は委任状を用意すれば車を売ることができます。

車検証の名義がディーラーまたはローン会社になっている場合

ディーラーからローンで車を購入すると車検証の名義がディーラーまたはマイカーローンを扱うクレジット会社になる場合があります。その車を売るためには、車を使用している本人の名義に変える必要があります。

そのためには現在抱えているローン残高を完済する必要がありますが、これは買取業者が車を買った買取金でカバーしてくれます。

しかし買取金よりもローンの残高が高かった場合、差し引いた残りのお金はご自身で負担することとなります。

所有権がない車の場合は…?

車の所有権がない(他人名義)車を売却する際には、売却する前にその車の名義を売却しようとしている本人の名義に変える必要があります。

所有者が友人や知人の場合でも、他人名義の車を勝手に売却してしまった場合、それは横領罪に該当します。

他人の車の名義を変える場合には

  • 自動車検査証(車検証)
  • 新旧所有者の委任状
  • 新旧所有者の印鑑証明
  • 納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の車庫証明

上記の書類が必要となります。しかし、名義変更手続きはこういった書類を集める手間と時間がかかります。車買取を行っている大半の業者はこれらの手続きを代行してくれますので、業者にお任せすることをおすすめします。


少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけるために

買取検索サイトを有効活用しよう

売ろうとしている車を少しでも高く買い取ってもらうためには、複数社から買取の見積もりを取る必要があります。

しかし、自らの足でディーラーや中古車屋を回っていたら、いくら時間があっても足りません。こういった時、役に立つのが車買取の検索サイトです。

おすすめのサイトは

  • ナビクル
  • カービュー
  • ズバット車買取比較

等々です。これらのサイトは提携している200以上の業者の中から数社を選定し、最も期待できる見積額を提示してくれます。

自ら見積もりを集めるとなると多大な時間と労力を要しますが、これらのサイトを利用することで面倒な作業をたった45〜47秒程度で終わらせることができます。

検索方法はいたって簡単。メーカー・車種・年式・走行距離と必要な個人情報を入力するだけ。

インターネットが不慣れな方でも迷わず簡単に高く買い取ってくれる業者を探し出すことができます。後は納得のいく買取額を提示してくれた業者と連絡を取り合い、実際の売却手続きに移ります。

上記した通り、売却に関する手続きは車を買取してくれる業者が代行して行ってくれますので、手続きにかかる手間はほとんどありません。

ローンを完済するためには交渉を!

まだローンが残っている車を売る場合、車の買取額がローン残高を上回るのが一番望ましいかたちですが、これが思うようにいかないのも現状です。

できることなら車を売ることで現在抱えているローンを完済し、更に次に購入する車の頭金となるお金が手元に残したいところ。

これには少しでも高く車を買い取ってくれるよう買取業者と直接交渉しなければなりません。

少なくとも売却金でローン残高を相殺できるよう、買取業者の方に相談を持ちかけることが大切です。買取金額がローン残高に及ばない場合、交渉次第で買取金額をローン残高に合わせてくれる可能性もあります。

また買取業者は中古車販売も行っていることが多いため、次に購入する車を買取してもらった業者にする…などといった交渉をすればうまい着地点を見つけることができるはずです。