車を高く売る時のポイントを押さえよう

一年の中では1月か2月がおすすめ

これまで使った愛用車を手放す際に、下取りを行う人もいるかと思いますが、少しでも高く売ろうと考える人にとっては買い取りを行ってもらう方がより高価な金額をつけてもらえる場合が多いです。

中でも1年の中で車が高く売れる時期である1月や2月が、中古車買取を行ってもらうにはおすすめの時期であると言えます。

これには理由があり、自動車業界の繁忙期との兼ね合いが大きく関わっています。
そもそも自動車の需要が高まる時期は一年の中では3月が一番高まると言われています。
これは年度の切り替えに伴い生活環境が変化する人が増え、車を必要とする人が増えるためです。

繁忙期の3月に向けてより多くの車を準備しておきたい販売店は、1月や2月に買い取りを積極的に行いたいと言う考えに行き着きます。

また、買い取りした中古車が3月に購入されることが期待できるからこそ、1月2月の買い取りを高値で行おうとしてくれるようになるわけです。


新モデル登場のタイミングより前に売却する

車の売却価格に変化が起こるタイミングは新モデルが発売されるといった、現在の所有車が型落ちしてしまうタイミングになります。

高級車をはじめ車種や年式が人気を集める車の場合は影響を受けづらいのですが、普通車や軽自動車といったより一般に多く流通して利用者の多い車種の場合には売却価格に大きな影響が及ぶ可能性があります。

新モデルが登場したタイミングで車を買い替えようと考える人が多いため、新モデル登場と同時に売却に出す人が増え、結果として中古車の割合が増えてしまい、中古車の価格が低下するといった事態が起こり得ます。

同様に所有している車種が型落ちしていけばいくほど、同じ車種が中古車市場に増えていくために売却価格が低下していきますが、こういった売却価格の低下の流れを逆手にとって考えると、中古車が増えていく前に売却を行えば売却価格を少しでも高くすることが可能になるといえます。

ですから新モデルが登場するよりも前のタイミングで売却することでより高い金額で売却できると言われています。

車検前と車検後なら断然車検前に売ろう!

車を所持していると車検は必ず行わなければなりません。中古車を高値で売却したいと考える人の中には、次の車検の時期に合わせて行おうかと悩む人も多くいます。

そんな時に考えたいのが、車検を行う前と後ではどちらの方が高値で売れるのだろうかという点です。

結論から言うと、車検前と車検後で売却価格が大きく変動すると言うことはないと言われています。

車検を行うためにまとまった金額が必要ですし、中古車は日が経つにつれて価値も下がっていくために、もっと早く売却できたはずが車検の実施を待ったばかりに少し安くなってしまった、といった後悔が起こる可能性があります。

ですから実際に高値で売れることに注目はできないものの、総合的に見てお金の出入りを抑えることが可能となる車検前の早いうちに売却を行う方がおすすめであると言えるでしょう。

中古車売却は高値でスムーズに行えるように進めよう

車を高く売ろうと考えた際のおすすめの時期やタイミングを紹介いたしました。
高く売るためのおすすめの時期やタイミングの理由を伝えましたが、高いだけでなくスムーズに売却を行いたものです。

自動車を所持するようになると自動車税の支払いが義務付けられます。
この自動車税の支払いは先一年分を4月に一括で支払うのが一般的であり、4月を過ぎて車を売却した際には、すでに納税した税金の中に未経過の金額が出てきてしまいます。

そのため売却後には自動車税未経過相当額についての書類を書く必要がありますし、未経過分のお金が手元に戻ってくるのは売却ではなく廃車でなければならないという決まりがあります。

こうした面からもわかるように、結果として手元に残るお金が増えるには適切な時期に売ることがおすすめであるといえます。

愛車を高く売ることは中古車売却をする際に気をつけたいポイントではありますが、同時に売却した車の売却後のやりとりがスムーズに行えるタイミングや総合的に手元に残るお金が多くなるタイミングについて考慮することも、中古車売却を効率よく行うためのポイントなので覚えておきましょう。