色によって査定額は変わる?

車の買い替えなどで今の愛車を少しでも高く売りたいと考えたときに、車査定は欠かせません。
そんな車査定において、愛車のボディの色が査定額に影響するかどうかというのは、どうしても気になるところ。

同じ車種なのだから何も変わらないだろうと思いたくもなりますが、実は車のボディの色というのは査定においては非常に大きな要素であり、査定額にも大きな影響を及ぼします。

ボディの色が査定額に影響を与える理由は、同じ車でも色によって売上見込みが大きく異なるためです。
自動車なんて高額な買い物をするときに、見た目の印象に極めて大きく影響する色についてなんでも良いと考える人はほとんどいません。

ボディの色を何にするかという問題は、車を買う人ならば誰もが直面する重要な悩みです。

そんな重要な要素だからこそ、車のボディの色に関しては人気色と不人気色というものが自然と生まれてしまいます。

人気色であればよく売れるために当然中古車としての販売の見込みも高くなりますし、逆に不人気色であればいつまでたっても売れ残る可能性が出てしまうのです。

車の買取りを行っているディーラーや専門店は当然ながら買取りをして終わりではなく、それを中古車として販売できなければ利益になりません。

最終的に販売することを見越して査定を行う以上、ボディの色に関しても人気によって査定額が変動するのは当然のことであるといえます。


高く売れるのはこの色

では、実際に査定額が高くなる人気色とはどの色なのでしょうか。
これはずばり、ブラック、ホワイト、シルバー、パールホワイトの4種類です。

この4種類は基本的にはどのメーカー、車種においても査定額が高くなり、高く売れる見込みがある色と言えます。この4種類が高く売れる理由は、比較的無難な色という点です。

大抵のメーカーの大抵の車種には、必ずと言っていいほどこの4色がカラーバリエーションとしてラインナップされており、車と言えばこの4色を思い浮かべる人も多いほどメジャーなもの。
まずこれを選んで外すことはないという安心感があります。

実際に街中を走っている自動車を見てみたら、この4色が明らかに多く走っていることは誰の目からでも明らかであり、それだけ自動車のカラーとして定番の存在なのです。

また、自動車はプライベートだけでなく仕事に使用することもある道具ですから、妙に主張している原色などよりも使いやすいという事情もあります。

無難な色は時代に左右されない

そして無難な色であるという事実は、時代に左右されにくいという強みにもなります。
ファッションと同じく車の色にも流行のカラーといったものが少なからずあるものです。

当然その時によって各色の査定額にも影響が出ることはあるのですが、そもそも流行色は流動的であり読むことは非常に難しいものです。

しかし前述した4色であれば、無難であるがゆえに常に一定以上の需要を確保することができます。
この時代に左右されない点は非常に大きく、ディーラーや専門店も安心して査定を行うことができるのです。

また、この4色以外にもメーカーや車種に限定すれば高い査定額を見込める色は存在します。
それはメーカーや車種のイメージカラーです。

特に高級車に多いのですが、一部の車種、メーカーには誰もが思い浮かべるようなイメージカラーが存在します。

通常、高額査定が見込めないような原色系でも、このイメージカラーに当てはまる場合は上述した4色よりも圧倒的な人気を誇っている場合もあり、高い査定額を期待できるのです。

明確なイメージのある高級車以外でも、カタログを眺めてみて妙に強調されている色があれば人気色として高額で査定してもらえるケースもありますので、一度確認してみましょう。

全塗装はダメ

ちなみに自分の愛車が人気色ではないからと言って査定前に塗装をしてしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。

色による査定額の変化よりも塗装にかかる金額の方が高くなり、元が取れないためです。
査定は基本的に購入時の状態に近ければ近いほど金額が高くなりますので、むしろ査定額がマイナスになる原因にすらなりえます。注意しましょう。