人気のシフトパターンプレート「メルカリ」で販売中!

コペンのカウルトップの取り外し方を解説!経年劣化は塗装で改善

今回は、コペンLA400K/Aの『カウルトップ』をメンテナンスまたはカスタマイズしたい方に向けて、カウルトップの外し方を詳しく解説します。

LA400K/Aモデルは、ローブ、エクスプレイ、セロ、GRを含み、カウルトップは無塗装樹脂製であり、時間と共に白く古ぼけた外観になってしまいます。

このような状態を改善するため、またはカスタマイズのためにカウルトップを塗装するオーナーが多いですが、その前に適切な取り外し方法を知ることが重要です。

この記事では、ワイパーの取り外しから始まり、複数のパネルやクリップの取り扱いに至るまで、一連のステップを丁寧に説明します。

破損のリスクを避けつつ、効率的かつ安全にカウルトップを取り外す方法を学びましょう!

ポイント
  1. コペンLA400K/Aのカウルトップの外し方
  2. カウルトップ取り外しの際の注意点
  3. カウルトップの塗装の必要性とその手順
  4. 関連する部品の取り扱い方法

コペンLA400K/Aのカウルトップの外し方を解説

  • LA400K/Aのカウルトップは劣化する
  • 手順➀|ワイパーを取り外す
  • 手順➁|三角形のパネルを取り外す
  • 手順➂|ウォッシャーノズルを外す
  • 手順④|クリップを取り外す
  • 手順⑤|カウルトップを車体から外す

LA400K/Aのカウルトップは劣化する

ここでは、コペンLA400K/A(ローブ、エクスプレイ、セロ、GR)の『カウルトップ』の外し方を解説します。

LA400K/Aのカウルトップは、初代コペンである「L880K」型のような塗装はされておらず、無塗装樹脂のため、経年劣化で白く古ぼけた感じになってしまいます。

特に青空駐車の場合、紫外線の影響で白くなります!

そこで、カウルトップをL880Kの様に塗装しているオーナーさんが結構いるようです。

塗装するにはカウルトップを外した方が効率が良いため、主に塗装する方向けの作業になります。

一見、簡単に外せそうに見えますが、注意しないと破損してしまう場合もあるので、注意点も解説していきます。

手順➀|ワイパーを取り外す

まず、一番最初にワイパーを取り外します。

「付け根部分」のカバーの取り外し方ですが、これは手で簡単に取れます。

カバーを取ると、中にボルトがあるので外しましょう!

ボルトはソケットレンチ12mmが合います

この様な感じで、左右2本とも取り外します。

手順➁|三角形のパネルを取り外す

次に、両サイドに付いている「三角形のパネル」を取り外します。

ここは『内張り剥がし』を使用した方が良いです。

まず最初に、上の画像のようにパネルの手前部分を持ちあげて下さい。

ここで注意点!このまま一気に外そうとすると破損します!

これは外した後の画像ですが、

で記した部分のクリップは『車両後方側』に向かって『スライド』させるようにしないと外すことが出来ません。

そのまま上方に向かって外そうとすると割れてしまいますので注意して下さい

手順➂|ウォッシャーノズルを外す

これは結構、見落としてしまいがちな部分です。

『運転席側』の三角パネルの中を覗くと、ウォッシャーノズルが見えます。

この段階でこれを外しておきましょう、手で簡単に外せます。

元に戻す時も忘れがちになります

忘れると音だけでウォッシャー液が出なくなり「あれ?出てない」って状況になります。

手順④|クリップを取り外す

 

次に、ボンネットを開けてで記した計8個のクリップを取り外します。

(※このクリップが意外と外しずらいです)

手順⑤|カウルトップを車体から外す

8個のクリップを外したら、これでカウルトップを車体から取り外すことができます。

カウルトップはクリップでとまっていますので、真上に向かってバコバコと外していきましょう。

はい、これでカウルトップを外すことが出来ました。

元に戻す時は、逆の手順で行って下さい。

まとめ:コペンのカウルトップの塗装は外した方が効率的

内容のポイントをまとめます。

  • コペンLA400K/Aのカウルトップの外し方を解説
  • LA400K/Aのカウルトップは無塗装樹脂製
  • 経年劣化で白く古ぼけてくる
  • カウルトップの塗装はオーナー間で一般的
  • 塗装作業にはカウルトップの取り外しが効率的
  • 取り外しは破損のリスクあり、注意が必要
  • ワイパーの取り外しには「12mmのソケットレンチ」が必要
  • 三角形パネルの取り外しには「内張り剥がし」を使用
  • 三角パネル取り外し時、クリップは車両後方にスライドさせる
  • ウォッシャーノズルは運転席側の三角形パネルからアクセス
  • ボンネット開けて8個のクリップを取り外す
  • カウルトップはクリップで固定、真上に向かって取り外す



error: Content is protected !!